平安時代を楽しめる作品

【必読】平安貴族の価値観が嫌になるほどよくわかる「源氏物語」


平安時代にふれる作品として絶対にはずせないのがこれ。

もうね、ほんと、これを読めば平安時代の貴族の生活や考え方が一通りわかります。

ということで、平安時代の暮らしに知りたいのにこれを読まないなんてありえない!という作品を紹介します。

平安時代のことがわかる本といえば?

平安時代に興味をもって平安時代の貴族やその暮らしについて知りたくなった時にまず頼りにするのが本ですよね。

平安時代の暮らしを知るにはどの本を読めばいいのか?と。

で、平安時代の何が知りたいのかによって読むべき本も違ってくるのでこの段階ではなんともいいにくいんですけど、

もしそれが「平安時代の貴族の暮らし」を知りたいということであれば私のおすすめは

源氏物語!

なんといってもこれですね。

え?でも源氏物語ってフィクションだよね?もっと史実に基づいたほんとか誰かの日記のがよくない?

と感じる人もいるかと思うんですが・・・

たぶんそれだと続かないかないんじゃないかと。

いや、正確には「歴史にものすごく興味がある」とかならそれでも楽しめると思います。

というのも、蜻蛉日記とか和泉式部日記とかこういうのは「歴史背景や平安文化についてある程度わかってる」からおもしろいと思うんですよ。

逆にその基本情報がわかってないと作者の気持ちがいまいちピンとこないんじゃないかなぁと。

だから、作者に興味を持ったりその時代の生の雰囲気に触れたいというのであればいいと思うんですけど・・・

歴史とかよくわからんけど平安貴族の雅な感じがたまらなく好き!みたいな人も多いと思うんですよ。

そうなると、最初は平安時代の基礎知識があまりなくてもそれなりに楽しめる作品のがいいんじゃないかと。

そう考えた時に楽しみながら平安貴族の暮らしを知るのに断トツでおすすめな本といえば源氏物語だよなとなります。

源氏物語といえば言わずと知れた日本が世界に誇る長編小説。

平安時代の中期に紫式部によって書かれた物語でなんと全部で54帖

400字詰め原稿用紙で約2400枚!

といわれると思わず身構えてしまうけど、読み始めるとどんどんその世界に引き込まれていってあっという間に読みきれます。

もちろん、現代とは違う平安時代ならではの習慣や常識もたくさん出てきます。

でも、源氏物語は恋愛を軸にしてる小説でもあるのでわからないところがあってもスラスラ読めるし、心も動きやすいです。

そしてなんといっても、ほんと、

紫式部が天才過ぎる!

登場する一人一人のキャラクターが本当に個性豊かで、それぞれの心の描写がうますぎます。

情景描写で切り取るカットや目を留めるポイントもすごくいい。

そしてそして、文化や常識は変わっても「あー人の本質って1,000年経っても変わらないんだなぁ」と思い知らされます。

千年も前に書かれたものがよく完璧な形でこの令和の時代まで残ったなぁと。

そんな世界でも類を見ない古典長編小説の源氏物語は今では日本のみならず20ヶ国語を超える言葉に翻訳されて世界でも読まれている作品です。

平安時代の貴族の暮らしがわかる!

と、それだけでも読む価値がある、というか、読まないなんてどうかしてるぜ!といいたくなるくらい素晴らしい源氏物語なんですが、

平安好き女子にはさらにおすすめしたいポイントがあります

それが

源氏物語を読めば平安貴族の価値観が嫌になるくらいよくわかる

ということ。

源氏物語は「源氏の君」という主人公を中心に書かれているお話なんですが、この源氏の君は帝の子どもでもともとは皇子なんですが、わけあって臣下の位に身を落とします。

つまり、源氏の君は超上流貴族ってこと。

なので、お付き合いする周りの人たちもみんな大臣の家の子どもやお姫様、皇族の皇子、姫たち。

それはまさに今私たちが「平安時代の暮らし」といった時に漠然と思い浮かべる平安時代の上流貴族の暮らしです。

なので、源氏物語を読むと貴族の暮らしぶりや宮中行事、仕事の出世や左遷といった生活の部分はもちろん、平安貴族は何に価値を置いて、どんな恋愛をして、どんな女性が素晴らしいとされて、どんな人柄が秀でてるとされるのか、などなど

平安時代の貴族の価値観がこれでもかと、嫌になるくらいよくわかりますよ。

源氏物語を読む時に気をつけたほうがいいこと

源氏物語は現代の感覚で読まないこと

これ、めちゃくちゃ大事です。

「平安時代の価値観がこれでもかと、嫌になるくらいよくわかります。」

っていうのは本当にその言葉通りの意味で、現代人の感覚からすると

え?それおかしくない??

ってことがわんさか出てきます。

特に源氏物語の最初の方に出てくる女の品定めとか、源氏の君の数々の恋愛とかもうね、正直読んでてイラッとしてくるんですよw

「あっこれ書いたの女性だった!」と思ってふと我に返ったり。

そういう意味でも紫式部は人の気持ちを知り尽くしている。

あと単純に結婚年齢とか一夫多妻とか現代とは常識が全然違うからそのあたりを今の感覚で読んでしまうとおかしな感じになってきます。

源氏物語って表面上は読みやすい平安の恋愛小説だけど、読めば読むほど深くって、平安時代を生きる人の悩みや葛藤、批判いろんなものが感じられます。

だから、現代の感覚で「光源氏(の恋愛遍歴)ありえねー」だけで終わらせてしまうとものすごくもったいない読み物です。

源氏物語の現代語訳は誰の訳で読むのかが大事

あと、ほとんどの人は現代語に訳された源氏物語を読むと思うんですけど、その場合、誰の訳なのかってのが結構大事です。

というのも、

古典を現代語に訳すというのは英語を日本語に訳すようなもの

なので、訳す人の語学の知識はもちろん、物語として読ませる表現力とか平安時代の文化への理解度によって訳が全然違ってきます。

源氏物語は1,000年前の作品なので著作権なんてないし、探せばネット上でいくらでも無料のものが読めます。

ただ、ネット上にある現代語訳の源氏物語は個人が趣味で訳したようなものも多いので品質はピンきり。

ものすごく補足の説明を丁寧に入れてるものなんかは平安知識のない現代人にはすごくわかりやすい。

けど、その補足が的確かどうかは微妙なところ、訳した人の想像が入ってることもあります。

説明が多すぎて物語の雰囲気を壊すこともあって、優雅で美しい紫式部の世界観を感じられないものもあります。

あと中には渋谷にいる高校生の話し言葉みたいなので書かれてるものもあったり。

なので、ある程度の品質と物語の雰囲気、紫式部が描いた世界観を大事にしたいのであればそれなりに知識のある人が訳した本になっている物のほうが安心。

もちろん、ネット上のものが全てダメってわけじゃないし、書籍化されてるものが絶対正しいというわけでもない。

男性か女性か、学者か作家か、年配の人か若い人かでも原文の捉え方が微妙に違ってくるし、どうやったって訳した人のバイアスがかかります。

なので、どれが一番というのは決めにくくて、結局はいくつか読んでみて自分がしっくりくる落としどころを見つけるという感じかなと思います。

源氏物語まとめ

源氏物語は「なぜ大人になるまで読まなかったんだろう!?」と思うくらい本当に面白い作品。

漫画やアニメにもなってるけど紫式部の原作をきちんと読んではじめて源氏物語のすばらしさがわかりますよ。

今の時代にはない習慣や常識なんかもたくさん出てくるけど、最初はそういうところをわからないままにして読んでも平安貴族についてかなりいろいろ知れる作品です。

源氏物語をまず読んで、「平安貴族、すごいな、おもしろいな!」と興味をそそられてから平安の歴史や文化について調べたほうがただの勉強ではなく楽しんで学べますよ。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内の検索
プロフィール

小町です
子どもの頃から「平安美人」と言われ続けてきた私が自分なりに調べたり、足を運んだり、体験してみたりしてわかった平安時代のあれこれを綴ってます
詳しい自己紹介はこちら⇒

カテゴリー
人気記事
最近の投稿
メタ情報